top of page

脚長差の原因 ~変形性膝関節症~



皆さん こんにちは。


理学療法士であり


パーソナルトレーナーでもある私の視点から


「姿勢」や「痛み改善・予防」


についてのお話をしています。


「ボディメイク」も得意で


東京をメインに活動しています、村田育子です(^^)/




現在「足の長さが左右違う(以下:脚長差)」


をテーマにシリーズで解説していて


さらに「脚長差の原因」について


一つずつ各論的な話をしています。



本日は


「変形性膝関節症によって脚長差は生じるのか?」

 理学療法士のいるジム(東京)パーソナルトレーニングで予防とボディメイク

というテーマでお話してみたいと思います。




【目次】


1. 変形性膝関節症によって脚長差は生じるのか?


2. 変形性膝関節症によって脚長差が生じる理由


3. O脚やX脚で生じた脚長差への対処


4. O脚で機能的脚長差を呈した症例


5. まとめ





1. 変形性膝関節症によって脚長差は生じるのか?

「変形性膝関節症」は


膝が変形している状態のことで


"ひざの軟骨がすり減る…” というフレーズは


ヒアルロン酸??などのCMで馴染みがある方も多いかと思います。



ほとんどの場合 変形性膝関節症では


O脚やX脚などの脚の歪みによって


膝の関節面が削れてきます。

 理学療法士のいるジム(東京)パーソナルトレーニングで予防とボディメイク

日本人ではO脚の人の方が多く


関節面の「内側」から削れてくるのが典型的なパターンです。



このような変形性膝関節症で脚長差を生じる可能性


というのは十分に考えられます。





2. 変形性膝関節症によって脚長差が生じる理由

変形性膝関節症では


軟骨がすり減った分、脚は短くなります。


これが変形性膝関節症によって脚長差が生じる理由の一つですが


それによって生じる脚長差は実際問題そこまで大きくなく


O脚やX脚など脚の歪みによって生じる脚長差の方が


目立つのが現実です。




O脚やX脚に脚が歪むと


脚全体としての長さは短くなります。


例えば「右脚のO脚が強い」場合↓


<イラスト>


「右脚の方が短く」なります。




このように「脚の歪みの程度に左右差がある」と


骨実質の脚長差はなくても


「機能的な脚の長さ」に差が生じてきます。


これを「機能的脚長差」と言います。

(詳しくはこちら)





3. O脚やX脚で生じた脚長差への対処

脚長差にはインソール(ヒールパッド)で対処を!!


と言うことが多いですが、


O脚やX脚など脚の歪みで生じている


機能的な脚長差に対しては


安易にインソールで対処すべきではありません。


真の脚長差ではない場合、


安易にインソールで対処すると


腰や股関節など他の部位へ悪影響が懸念されるからです。




しかしO脚やX脚で機能的脚長差を生じている場合


それによって姿勢のバランスがより崩れ


さらにO脚やX脚が強まる…


という悪循環にハマってしまうケースが多く、


対処療法的にインソールを使用するのも一つの戦略だと思います。





4. 右脚のO脚で機能的脚長差を呈した症例





5.まとめ

・O脚やX脚に脚が歪み変形性膝関節症となる


・O脚やX脚では機能的脚長差が生じ


・O脚やX脚による機能的脚長差は対処が難しい


・脚長差が変形性股関節症の原因となることもある





本日は以上になります。

お読み頂きありがとうございました。

この記事が誰かの健康の一助となりますように。










トラブルの根本原因を追究


少人数でしっかりフォロー


週1回の運動習慣


ボディメイクを目指す方に







Comments


bottom of page