オペ見してきた!UKA


今日は日記を書きます。(有益情報ではない!!)


備忘録です~。




今日は膝の手術(UKA)を見学してきました。


なかなかタイミングが合わず、やっとでした。





まず第一の感想は


「膝は正座みたいに深く曲げるとほぼ脱臼してるみたいになる関節」


ていうのは、知ってましたが


実物を見ると


「わぁ~ほんとに脱臼してる~」


となりました。


・・・小学生の日記みたいですな(;^ω^)





スライスされた脛骨と大腿骨の関節面、


オペの後に触ってまじまじと確認させてもらいましたが、


脛骨側の軟骨、それはもうしっかりと削れて無くなってました。


一部の軟骨はもうゼロ、骨面が露出。



しかしですね、それでも私の想像より綺麗で逆にびっくりしたんです。


もっと不整にガタガタとすり減っているのかと思っていましたが、


なだらかーに、キレイにすり減っていました。


何事も百聞は一見にしかずとはこのことですね。


勉強になりました。





今の時代はありがたいことに


YouTubeでもどんな手術かある程度は勉強できたりしますが


やっぱり実際に見させてもらうこと以上の勉強はありませんね。


(先生、看護師さん、患者さん、ありがとうございました。)





そしてギンギンのメタルを体内に挿入!


ってやっぱり何かすごい迫力というか・・・


何ともなぁ・・・と


目の当たりにして改めて感じましたね。


あんなギンギンのメタル、そりゃ痛さ感じないわな・・・


という感じですが


やはり可能な限り自分の関節で一生を終えたいものですね。



そうあれる人が一人でも増えるよう


私ができることは尽力したいと思った一日でもありました。


そして自分のO脚も頑張って直さないとな、早急に汗汗


と切実に思った、そんな1日でもありました。