プロフィール

プロフィール写真
村田 育子(むらた いくこ)
   <取得資格・修了したコース>

2007年

 理学療法士免許

2015年

 全米ヨガアライアンス200時間コース修了

2016年

 ファンクショナルローラーピラティス

    ベーシックインストラクター養成コース修了

2017年

 エボリューションウォーキング 指導者養成コース修了

2017年

 全米ヨガアライアンス200時間コース修了

 (BASEWORKS PRACTICE TIER1)

高校の部活で背中を痛め、整体院で良くしてもらったことに感銘を受け理学療法士の道へ。
リハビリ専門病院(回復期病院)に就職し脳血管疾患や骨折後のリハビリに携わる。
理学療法士4年目の頃ヨガと出会い「ケガや病気になった後にリハビリをするよりもヨガで予防したい」と思うに至り、理学療法士8年目 ヨガインストラクターに転向すべく病院を退職。

「ヨガインストラクターになるなら身体が柔らかくなくちゃ」という焦りからハードに練習を重ね、腰、首、肩、手首・・・と痛めるが、その時はヨガのせいとは思っていなかった。
ヨガインストラクターの資格取得後、縁あってピラティススタジオに就職。

正直 始めは不本意だったが、ピラティスの実践を通し肩や手首の痛みが良くなったことから、自分のヨガのやり方に危険性があったことを薄々と気付き始める。
 
何も知らずに飛び込んだピラティスの世界だったが、私がヨガに求めてきた「予防」を「理論」でもって実現できる可能性を感じるとともに、それに必要な理学療法士としての「整形疾患」に対する知識が足りないということに気付く。
そんなこんなでピラティススタジオは早々に辞め(ご迷惑をおかけした方々 本当にすみませんでした)整形外科クリニックに就職。
腰痛・ひざ痛・四十肩・・・様々な整形疾患のリハビリに携わったが、回復期病院に勤めてきた私には右も左も分からないことだらけだった。

そんな中、中村尚人氏(スタジオタクトエイト代表)と出会い、身体を「部分」ではなく「トータル」で診ることの重要性を学ぶ機会を持てたことは、「予防の視点」で患者さん・クライアントさんと向き合う今の私のスタイルを少しずつ可能にしてくれた。
中村氏からの学びはまさに私の基盤で、今も多くを学ばせてもらっている。

そんな中 ヨガやピラティスは続けていた私だったが、自分自身の長年のコンプレックス「O脚・猫背」は変わらず。
それに加え、溢れ返るヨガ・ピラティスの「流派」。
「どれが一番 理論的か?」「どれが一番 解剖学的に正しいか?」を探し求め、休みの日には色んなスタジオに足を運んだ。

そんな難民状態を抜け出すきっかけとなったのが石井完厚氏(スタジオR3代表)のセミナーだった。
現在も石井氏から多くを学ばせてもらっており、実際に私の猫背・O脚は改善傾向にあります。


以上、私の得意分野は
・予防の視点でトータルで身体を評価すること
・姿勢改善に特化した理論的なエクササイズを提供すること
この2つです。


加えて、クライアントさんが問題解決の道を進む時
・助け過ぎない
・方向性をガイドする
ことに注意して「クライアントさん自身で進む力を養ってもらうこと」を心がけています。
「やってあげる系サービス」の方がニーズが多いことは肌で感じていますが、クライアントさん自身が問題解決の力を養うことができれば、その方が長い目で見て本当に役に立てる存在でいれると考えています。

このウェブサイトに来て下さった方とは、病院で「患者さん」としてではなくスタジオで「お客様」としてお会いできると嬉しいです。
身体が故障してからの対応に追われる理学療法士という立場で働く身として「良い姿勢を手に入れることは何よりもの予防につながる」と強く確信しています。

そしてどうせやるなら「トラブルがない」「健康的」にとどまらず「女性らしい」「しなやかで繊細」そんな  ″Japanese Beauty” も一緒に手に入れようではありませんか^^

私の姿勢もまだまだ自慢できる状態ではありませんが、皆様と一緒に ”大和なでしこ” を目指して頑張りたいと思っています。​
どうぞよろしくお願いしマッスル\(^o^)/