top of page

整形のオペ見学してきました


このブログでは


理学療法士であり


パーソナルトレーナーでもある私の視点から


「姿勢」や「痛み改善・予防」


についてのお話をしています。


「ボディメイク」も得意で


東京をメインに活動しています、村田育子です(^^)/




今日の記事はただの日記、私自身の備忘録ですー。


先日、整形のオペ見学をさせてもらいました。

理学療法士のいるジム(東京)パーソナルトレーニングで予防とボディメイク

どこかに記録しておかないと忘れそうなので汗、ブログに残してみることにしました。



ちなみに私が最初に勤めた病院はリハビリ病院だったのでオペ見学のチャンスはなく、次に働いたのは整形外科クリニックでここでもチャンスはありませんでした。


なので術後の患者さんを担当する度に「オペ見学しといた方が良いよなぁ」といつも思っていました。


そんなこんなで約1年前の転職活動では「整形のオペ見学をさせてくれるところ」という条件で職探しをしました。


そんなこんなで今勤めている病院では、少しずつオペ見学させてもらってます。




ということで、私自身の備忘録として今まで見学させてもらった手術をメモ。

(小学生のような感想とともに…)



1)脛骨高原骨折に対するプレート固定

膝関節の滑膜をジョキジョキ切っていて怖かった。

骨って白くない、赤い…。

(そして途中で気分が悪くなり座って見学した)



2)変形性股関節症に対する人工股関節全置換術

整形のオペって、先生ホント大工さんみたいだな…。



3)大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術

骨頭が大きくてなかなか取れなかった。そんなこともあるんだ…。

人工骨頭の大きさを入念に決めていた。適当じゃないんだ。そりゃそうか…。



4)膝蓋骨骨折に対するワイヤー固定

骨折端に赤黒い物がたくさん詰まっていて、まずそれを取り除いていた。

何かと思ったら血種(かさぶた)だった。やっぱり骨って赤いんだな。

ワイヤーで膝蓋骨をグルグルに固定した。



5)ハンソンピン後の大腿骨頭壊死に対する抜釘と人工骨頭置換術

骨頭壊死になると骨頭が壊れてるのかと思ったらそうでもなく表面は意外とツルツルしていた。

「そんなツルツルなのに本当に壊死してるんですか?」と先生に聞いたら「触ってみろ」と渡された骨頭を触ってみると、確かにスカスカでぐしゅぐしゅだった。

術後は嘘のように痛みがなくなり、オペのメリットを死ぬほど痛感した。

西洋医学の最大のメリットはやはり外科手術ですね。



6)大腿骨転子部骨折に対するガンマネイル

牽引ベッドを使ってレントゲンを見ながら骨折の転位を修正していた。

牽引ベッド初めて見た。

被爆したー



7)橈骨遠位端骨折に対するプレート固定

脚と違って繊細…。

骨折の回旋転位は、くし刺しにして軸を固定して直してた。

被爆したー



以上。

全体を通しての一番の感想は「ドクターもナースも身体張ってるな」でした。

毎回手洗い、時に被爆…。

先生、看護師さん、ありがとうございます。



ちなみに私の母は看護師で、私が子供の頃はオペ室に勤務していました。緊急オペでポケベルが鳴ると、娘を置いて夜中でも病院に飛んでいく母に寂しさを感じた子供時代を過ごしましたが、大人になった今ではオペ見学後に湧き出る小学生みたいな疑問はもっぱら母に質問しています笑。



ということで今日は私の備忘録でした☆









トラブルの根本原因の追究と予防


少人数制でしっかりフォロー


週1回の自宅での運動習慣に


ボディメイクの戦略立てに





Comments


bottom of page