top of page

脚長差(足の長さの左右差)の原因



理学療法士であり


パーソナルトレーナーでもある私の視点から


「姿勢」や「痛み改善・予防」


についてのお話をしています。


「ボディメイク」も得意で


東京をメインに活動しています、村田育子です(^^)/




現在「足の長さが左右違う(以下:脚長差)」


をテーマにシリーズで解説していて


本日は「脚長差の原因」というテーマで


総論的な話をしてみたいと思います。

理学療法士のいるジム(東京)パーソナルトレーニングで予防とボディメイク

同じ内容をYou tubeでもアップしています。


動画の方が良いなという方は こちら




【目次】


1. 脚長差は大きく分けて2種類


2. 機能的脚長差


3. 器質的脚長差





1. 脚長差は大きく分けて2種類

脚長差は大きく分けて2種類あり、


機能的脚長差と器質的脚長差です。



「機能的」はいわゆる「直るもの」で


「器質的」はいわゆる「直らないもの」です。


今日はこの2点をざっくり解説してみたいと思います。





2. 機能的脚長差

まずは機能的な脚長差の例を一つ挙げてみます。


右ひざが曲がっている例です。

理学療法士のいるジム(東京)パーソナルトレーニングで予防とボディメイク

右ひざが曲がっていると


実用的な右脚の長さは短くなります。


これが「機能的な脚長差」です。


機能的な脚長差は


「見かけ上の脚長差」とも言われます。


なぜなら右ひざを伸ばせば脚長差は消失するからです。

理学療法士のいるジム(東京)パーソナルトレーニングで予防とボディメイク

つまり脚長差は見かけ上だけで


真の脚長差ではないと言うことです。




機能的な脚長差は他に例えば


・ひざの反り過ぎ → 短くなる


・O脚 → 短くなる


・X脚 → 短くなる


・土踏まずの潰れ → 短くなる


・土踏まずの高過ぎ → 長くなる


などがあります。



脚自体に長さの差がなく


「関節のズレ」によって生じる「機能的脚長差」は


関節の位置さえ修正すれば


「直る可能性のる脚長差」とも言えます。


(実際の臨床ではそんな簡単に行かないけど汗)





3. 器質的脚長差

機能的脚長差が見かけ上の脚長差というのが分かったところで


器質的脚長差とは何かを見ていきます。


器質的脚長差とは


「脚の骨それ実質の長さ」に


左右差があることを言います。


見かけではなく「真の脚長差」です。


なのでこれは直すことは難しい脚長差になります。




この「器質的」な脚長差は


受け入れ、対処するという視点で関わることが大事になります。


なぜなら脚の長さは変えられないからです。




器質的脚長差の原因は色々ありますが


<若い時に起こりうる原因>


・生まれつき、生まれつきの疾患に付随したもの


・骨端軟骨(成長板)の骨折


・股関節の変性疾患(ペルテス病など)


・ヒューターフォルクマン則による骨の成長抑制



<大人になってから起こりうる原因>


・関節軟骨の削れ(ひざ、股関節)


・骨折


・骨折での手術


・人工関節の手術(ひざ、股関節)



などが挙げられます。


次回の記事からこれらの「器質的脚長差の原因」を一つずつ深堀解説してみたいと思います(^^)/




本日は以上になります。

お読み頂きありがとうございました。

この記事が誰かの健康の一助となりますように。










トラブルの根本原因を追究


少人数でしっかりフォロー


週1回の運動習慣


ボディメイクを目指す方に







Comments


bottom of page