検索
  • 村田育子 トレーナー/理学療法士

ごあいさつ

こにゃにゃちは。

はじめまして。

村田育子と申します。














職業は

理学療法士、そしてトレーナーです。



どちらも身体を扱う仕事で、特に


・全身を包括的にチェックすること

・トラブルの原因を突き止めること

・そしてそのトラブルを解決する運動方法を伝えること


を得意としています。



日本人体型というコンプレックス

私は自分の体型をずっとコンプレックスに感じていました。

O脚、猫背、巻き肩、貧弱なデコルテ、意味不明にがっちりした下半身・・・

挙げ出したらキリがありません・・・


そのコンプレックスの強さと職業柄から、私は人の姿勢をよく観察するのですが

そうやって眺めていると私のような体型は日本人女子に結構多いということに気が付きます。


「私って典型的な日本人体型だな」と感じると同時に、

私と同じ悩みを持ってる日本人女子って絶対たくさんいる・・・とも感じていました。



私はこの日本人体型をどうにか直したい!と試行錯誤を繰り返してきました。

大学の卒業論文はO脚についてでした。

O脚に効くというマッサージチェアも買いました。

骨盤ベルトも買いました。

インソールも試しました。

体型をうまくカモフラージュするファッションも調べました。

ヨガに打ち込みました。

ピラティスにも打ち込みました。



どれからも多くを学びましたが、

正直なところ

メキメキと「この日本人体型を改善できている」という実感までは持ててはいませんでした。




運動で身体は変えられる

そんなこんなでしたが

・解剖学に基づいた

・シンプルな

・しかし理論立った

姿勢を整えるエクササイズを始めたことで


この日本人体型

ちょっとずつだけど

良くなってきてるんですー涙


まだまだ改善点はたくさんありますが、前よりはマシ(ToT)







←約1年の変化。

心なしか両脚が内側に寄ってる!

(よね?)

垂れた尻も少し上がってる!

(でしょ?)

なで肩もマシになってる!

(うん!なってる!)







日本人体型へのコンプレックス。でも別に外人体型になりたい訳でもない。目指すは大和なでしこ。

こんな感じで「脱・日本人体型」が合言葉だった私ですが

目標とするイメージは「外人」のようなボンキュボンッではありませんでした。


スタイルが良いボンキュボンッの外人さんよりも

日本人で「美しい姿勢」の女性を見つけると

惚れ惚れ見入ってしまう自分がいるんですよね。


そんな「美しい姿勢」の日本人女性でさえ

外人のメリハリボディに比べると平坦。

でも逆にそくらいの控え目な優しいカーブがちょうど良いっ!

そう感じるのは私以外にも多いのではないでしょうか。



「つつましい」

「しなやかな」

「凛とした」


そんなイメージが私の目標です。


(簡単にいうと、日本人でスタイルが良いと鬼に金棒ではないか~というのが私の見解でございます。リアルに外人並みのボンキュボンになりたいって思ってる日本女子ってきっと少ないんじゃないかな??)



私自身のこの日本人体型が良くなってきているという実体験から

同じ悩みを抱える女性達にシェアすべく

約1年前から姿勢改善に特化したグループレッスンを始めました。


合言葉は


「猫背・巻き肩・太い脚・・・そんな日本人体型コンプレックスを撲滅すべく立ち上がれ!目指すは日本人らしさを生かした凛とした身体、そう!YAMATONADESHIKO!」




もう一つの野望

とまぁ、そんな意気込みで始めたレッスンですが

実際クライアントさんはどこかに痛みがあったり

既に何かしらのトラブルを抱えている方がほとんど。


そして今はまだトラブルに感じてないクライアントさんに対してでさえ

理学療法士目線で将来のトラブルを予想してそこに口を出す、という。笑


ボディメイクのトレーナーというよりも

理学療法士としての顔を全面に発揮させながらレッスンを実施しています。

(正確には理学療法士魂が燃えているとでも言いましょうか・・・(^^;)



はい。

そこに私のもう一つの目的があります。




身体のどこかが痛くなってから「病院」で出会った患者さん。

完全な修復はもう「難しい」という状況になってから出会った患者さん。


もしその患者さんに、その数年前に出会って

私がそのトラブルを回避する方法を伝えていたら

今のこの現状は変えられていたかも?


病院で働いていると、日々そう感じざるを得ませんでした。


・ひざが痛くなったら手術する

・ひざが痛くならないように予防する


あなたはどちらを選びたいですか?


もちろん

ひざが痛くならないように予防したいですよね。


でも、その予防の仕方知ってますか?

そもそも、自分にひざが痛くなるリスクがあるのか知ってますか?

てゆーか、予防の仕方なんて人それぞれで違うって知ってますか?



そんなのね

知ってる必要はありません。

身体の専門家じゃないんですから。



でもね

自分の身体の特徴、とか

自分がどんなリスクを持ってるのか、とか

じゃぁ自分はどうやって予防すれば良いのか、とか

「身体の専門家」に聞けば その人に教えてもらえるってことは知ってもらいたいんです。


それさえ知っていれば

ちゃんと「予防」できるって思いませんか?




(「身体の専門家」皆が予防の視点で身体を見ている訳ではないということについては今はとりあえず触れないでおく汗)



こちら→

担当ていた患者さん。

ひざが痛いんですねー。

これだけ変形が進んでしまう前に出会えれば、もちょい何とかなったんでは?といつも感じてしまう私がいます。














自分の身体の特徴・リスクを把握して将来起こりうるトラブルを「予防」する。

それを当たり前の世の中にしたいっ!

秘かにそんな野望を持っています。




「ボディメイク」そして「予防」この2つの野望は同時に達成される

そんなこんなで

目指せ!大和なでしこ!で「ボディメイク」のサポートをしつつ

理学療法士目線の「予防の大切さ」

この2つをお伝えしていきたい

そう考えて活動しています。


でも結局のところ

・ボディメイク

・予防

この2つは絶対に切っても切り離せない、同時に達成されるものなんです。


なぜなら

「崩れた姿勢」は

「痛み」などの「トラブル」を引き起こすから。


これは

「美しい姿勢」は「トラブル」知らずで一石二鳥ということを意味します。



「美しさ」そして「健康」 どちらも欲張って手に入れよう!








このブログでは

・姿勢や痛みなどのよくある問題とそのメカニズム

・その解決策やおすすめエクササイズ

・具体例(クライアントさんのケーススタディ)

などをアップして

読むことで皆さまの「健康」と「美しさ」に寄与できるブログにしていきたいと思っています。



日本女性の特性を生かした Japanese beauty な「カラダ」へ「デザイン」する。

マッサージ屋さんやストレッチ屋さんに頼るのではなく

自ら行う「エクササイズ」で。

そしてトラブル知らずで80歳でも元気で働ける!

そんな「大和なでしこ」を一緒に目指していきませんか(^^)

どうぞよろしくお願いします♡



カラダデザインエクササイズ 大和なでしこ

村田育子

6回の閲覧